FC2ブログ
2019/04/24

高松海岸で潮干狩り

4月20日、三重県北部に残された唯一の自然海岸であるという高松海岸で潮干狩りしてきました。ここを訪れたのは、去年の下見の時以来。

高松海岸20190420

ターゲットはマテガイ。しかし2時間半くらい粘ったのに、獲れたのはたったの三個体(ひとつ逃げられたし)。あまりにもしょぼいので、この海岸に多産するハザクラガイと思しき貝とバカガイも拾ってきました。

獲物20190420

この海岸のマテガイ棲息密度は、愛知県蒲郡市の大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)よりは多いけど、和歌山市の浜の富ビーチよりは少ない印象。

※ハザクラガイ(と思しき貝)は美味でした。この海岸にやってくる人達の多くが持ち帰っているようなので、不味くはなかろう、とは思いましたが。
スポンサーサイト
2019/03/10

『干潟塾・吉野川ひがたのムービー公開とお話会』に参加した

…って一週間以上経っている。以前ほど最近ブログというものを書く気が起きない…。

とくしま自然観察の会主催の『干潟塾・吉野川ひがたのムービー公開とお話会』…参加して参りました。会場はこの時と同じ沖洲マリンターミナル(但し階が違う。今回は一階。この時は二階)。

干潟を遊ぶオヤジたち20190302

『日本クロツラヘラサギネットワーク』事務局の松本悟さんの和白干潟保全とクロツラヘラサギ保護の話、とくしま自然観察の会の幸田青滋さんの吉野川河口干潟の生物たちの初公開ムービー、南港野鳥園アカテガニ夜の観察会でお馴染み?の和田太一さんの吉野川河口干潟のここがすごいという話…etcがありました。

クロツラヘラサギ『プーの手紙』20190302
↑会場で即売していた松本悟さん文・絵の絵本『プーの手紙』
青ガニ缶バッジ20190302
↑『吉野川ひがたファンクラブ』への勧誘もしていて、会費500円を払うと貰えた缶バッジ。この缶バッジ、&ohがこの日とくしま自然観察の会代表の井口さんに、前日の大阪南港野鳥園での『夜のアカテガニ観察会』に参加した折、アカテガニ缶バッジをいただいた事を話した事がきっかけだという(話した本人がよく覚えていない^_^;)。この缶バッジの青ガニ(シオマネキの稚ガニ)のイラストを描いたのは、松本悟さん(松本さんの本職はデザイナーだという)。
アカテガニ缶バッジ20180826
↑因みにそのアカテガニ缶バッジがこれ(左)。右はシール。この記事にも載せた画像を再掲。

和白干潟とクロツラヘラサギのお話は今まで知らなかった事ばかりだったし、初公開映像は見応え抜群だったし、和田太一さんのお話も『よくぞそこまで』と言いたくなる調査内容のお話だったしで、聴き応えのあるお話会でした。