今日(2017年9月23日)久しぶりに、三重県の某シオマネキ棲息ポイントに行きました。ここに行くのは三回目です。一回目はこの時。二回目は去年6月だけど、実はその時はシオマネキに出会えなかったので、記事にしていません。今日三回目出会えるか否か…出会えました。が、最初に出会った個体は、恐ろしく警戒心が強くて、写真を撮ろうと微動しただけで、すぐに巣孔に隠れようとする。何度も何度も粘って、ようやく撮れたのがこの一枚のみ。

臆病シオマネキ20170923
↑慌てたせいか、ピントが合ってない…。

ここは一応シオマネキ棲息地ではありますが、極度に少ないので、今日出会えるシオマネキはこいつだけかな?写真一枚しか撮れなかったけどと思いつつ干潟を彷徨っていたら…いましたもう一個体。しかもこの個体、巣孔に戻ってから出てくるまでの時間が先のシオマネキと比べてやたら早い!しかも先のシオマネキが巣孔から半身出たかと思ったら、すぐ引き返そうとするのに、今度のシオマネキはすぐ巣孔から遠くへ行こうとする。なんなんだこの差は…?!人間でも性格の違いはあるけど、シオマネキの性格も結構個体差があるんだな…としみじみと思わされました。

そんな訳で今度のシオマネキは撮影は楽でした。で、カメラの撮影モードを色々切り替えて何枚か撮って、一番良さげな画像を載せようかと思ったんですが、どれも捨て難い(正確に言うと一枚だけ没。更に言うと帰宅前に撮ってすぐ消去した画像多数)。で、4枚載せてしまう事にしました。以下、シオマネキ♂は全部同一個体です。

堂々シオマネキ1-20170923

堂々シオマネキ2-20170923

堂々シオマネキ3-20170923
↑↓この画像とこの画像が分かりやすいけど、不動指が少し折れている?
堂々シオマネキ4-20170923

それにしてもここでは未だ一度もシオマネキ♀個体を見ていない。一番上の画像のシオマネキ、少しだけ鋏振りしていたけど(季節的には去年和歌山でシオマネキ撮った時より少し遅いのに)、彼には無事嫁さんが見つかるのだろうか?

今回残念だったのは、生きたノコギリガザミ…のみならず、脱皮殻や死骸すらも見つけられなかった事。前回ここに来た時や、初めてここに来た時は、いずれも出会えたのに。

ノコギリガザミ巣孔?1-20170923
↑↓このやたら大きな巣孔らしき孔はノコギリガザミの物か?夜行性だから、基本日中はあまり出てこない訳だが。
ノコギリガザミ巣孔?2-20170923

ハマボウ20170923
↑ハマボウの花は、暑い盛りを過ぎたらもう咲かないようだ。
チビ♀アカテガニ20170923
↑おまけ:帰り際に道路で見かけた若いアカテガニ♀。
スポンサーサイト
愛知県田原市の食堂兼民宿の『田原屋』の御主人はビーチコーマーなのは知る人ぞ知る話ですが(この時も少し触れましたが)、今日、久しぶりに(この時以来)『田原屋』に立ち寄りましたが、案内されたカウンター席の目の前には、ルリガイの瓶詰が!

田原屋のルリガイ20170902

で、当然のように?ルリガイについて訊いてみましたが(訊いた相手は奥さんで、拾った本人ではないけど)、やはり毎日のようにこの付近(伊良湖岬)の浜を歩いているからこそ拾えた…という感じです。尚、奥さんはルリガイより現金を拾ってきて欲しいようです(ん?)。

田原屋刺身定食20170902
↑↓その時いただいた白身の地魚の刺身定食。
田原屋刺身接写20170902

そしてその後は当然のように?伊良湖岬恋路ヶ浜へ。

恋路ヶ浜20170902
↑いつも波は荒めの渥美半島表浜ですが、今日は更に波が強め。

そして、浜で見つけた物の一部を紹介。

クルミ20170902
↑クルミですね。もうそんな季節なんですね。
ココヤシ20170902
↑ココヤシの実を見つけて気分は島崎藤村?
イカの甲20170902
↑イカの甲はいくつか見つけたけど、代表して一番小さかった甲の写真を。

※この記事の画像は全て2017年9月2日撮影。
大阪市内にある『大阪南港野鳥園』に多くのアカテガニが棲息していると知ったのは最近の事。そしてそこで、『夜のアカテガニ観察会』が2017年8月19日に催されると知って、『行ってみよう!』と思い立って行ってみました。なにしろ都市部で大規模なアカテガニ棲息地というのは、結構珍しいので。

17:30に展望塔会議室に集合して、アカテガニに関する基本的な事をレクチャーされた後、展望塔2Fで日が沈むまでしばし待ち、その後公園内で成体のアカテガニを観察し、更に普段関係者以外立ち入り禁止の干潟へと移動し、放仔を観察…というスケジュールでした。

展望塔からの夕日20170819
↑展望塔から望む夕日。ここでは望遠鏡でシギ類などを観察。

公園内で『アカテガニなど見た事もない』という人達と一緒にアカテガニを観察したり、写真撮りたい人のために捕獲したりしました。写真あまり撮ってないですが…。

野鳥園臨港緑地のアカテガニ1-20170819

野鳥園臨港緑地のアカテガニ2-20170819
↑このアカテガニは他の人が捕獲したもの。
野鳥園臨港緑地のアカテガニ3-20170819
↑後で確認したら、思ってた以上にピントが合っていない(^_^;)&ohの身長より高い場所まで木に登っていたアカテガニ。

で、肝心の放仔なんですが、昨日は一個体しか確認出来ませんでした(あくまで自分が確認出来た数ですが)。写真も撮れなかったです。アカテガニ放仔の瞬間を写真に収めるのは至難の業ですが、この時よりは、近い距離でゾエアが煙状にぶわっと広がる瞬間が見られたので、そういう意味では良かったです。昨日は大潮ではなかったし、公園内に出てきていたアカテガニも、講師の和田太一さんによれば普段より少なめだったそうなので、まぁ仕方がないと言えば仕方がないですね。

とは言え、大阪市内でありながら、少なからぬアカテガニが棲息している場所を直に見られたのは良かったです。

それにしても、この日のレクチャーでも聞いたし、以前淀川でカニ観察していた人も語っていたけど、大阪湾には、クロベンケイガニはいるけど、ベンケイガニ(赤くてアカテガニに似ているあれ)は何故かあまりいなくて、ここ大阪南港野鳥園でも見つかっていないという。ならば俺が…と思ったりもしたけど、プロの研究者が見つけられないものが、どうして&ohに見つけられようか…。
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック