FC2ブログ
2018/08/28

吉野川河口干潟で『青ガニ』観察会

2018年8月26日、『とくしま自然観察の会』主催のシオマネキの稚ガニとされる眼柄が黄色く甲や脚が青い通称『青ガニ』の観察会に参加しました。この『青ガニ』は8月下旬から9月上旬のごく限られた期間にしか見られないとの事で、&ohも実物は一度も見た事がなかったんですが、それ故に自力で探すより講師がいる観察会の方が見つけ易いだろう…と思って参加して参りました。

観察会のほんの数日前、台風が徳島を通過し、観察会当日こそ天気は良好でしたが(それゆえ暑かった(^_^;))、干潟のゴミの量が凄かったです。自分はこんな状態の吉野川河口干潟は初めて見たけど、台風一過後はいつもこんな感じらしいです。

台風一過の吉野川河口干潟20180826
↑とにかくゴミだらけ!

『青ガニ』は極小ゆえに見つけられない参加者もいるかも…という事であらかじめ捕獲された青ガニが観察できるようにしてあり、そこにいた青ガニを撮影してみましたが、あまりにも極小ゆえに上手く写っていませんでした。

捕獲済シオマネキ20180826
↑この中に一尾だけ『青ガニ』がいたんですが…。

観察会が始まると、この日の講師・幸田青滋さんの誘導で青ガニが観察できるポイントへ移動。

青ガニ観察エリア20180826
↑手前の草叢の土手を下ると、コンクリート護岸へたどり着き、そこから芦原の中で青ガニを探しました。

青ガニは極小サイズなので見つけられるのか?と思っていましたが、意外とあっさり見つかりました。はっきり数えていませんが、10個体くらいは確認出来たと思います。しかし撮影は難しい!大きなシオマネキと同じくカメラを近付け過ぎると隠れてしまう。そこでちょっと離れた場所から撮影して、写り込んでいればいいな…作戦にしてみたら、上手い具合に写り込んでいました。

青ガニ元画像20180826

青ガニ20180826
↑とにかく驚くほど青と黄色が鮮やか!

最後には参加記念グッズのキーホルダーもいただけて(しかも二種類!)充実していて満足感高い楽しい観察会になりました。

参加記念キーホルダー120180826
↑↓参加記念グッズのキーホルダー。両面に写真があります。
参加記念キーホルダー220180826

※フィールドでの撮影日:2018年8月26日。
スポンサーサイト
2018/06/10

『シオマネキラリー2018』に参加

前の記事の翌日(2018年5月27日)撮影なので、やはり二週間放置してしまいました。

20年近い歴史を持つ徳島県徳島市の吉野川河口干潟で行われる観察会『シオマネキラリー(2018)』に初めて参加しました。同じ日の午後に『ラムサールCafe』という『とくしま自然観察の会』の井口利枝子さんによるラムサール条約吉野川河口干潟登録に関するお話があるとの事で、両方セットで参加しました。

トビハゼ幟20180527
↑↓干潟のこの地点にトビハゼとシオマネキがいるの目印。
シオマネキ幟20180527
↑後方に見える自転車のタイヤのような物は、この辺りに不法投棄する産廃業者によるものだという。不法投棄って取り締まれないのかね?
シオマネキ群れ20180527
↑その目印辺りから見たシオマネキの群れ。去年観察したポイントと同じ場所。
シオマネキ落ちていた鋏20180527
↑干潟に落ちていたシオマネキ♂の大鋏。闘争で折れた?
サンプルシオマネキ20180527
↑シオマネキを見た事ない人にも確実に見せられるように確保されていた個体。

暫くこの辺りでシオマネキやチゴガニを観察した後、最河口部の住吉干潟へ移動しました。

住吉干潟20180527

スコップや熊手で集めた泥をザルで濾したり手づかみなどをして干潟の生き物を捕らえて種類別に集めて、その後井口さんが生き物について解説をしました。

ニホンスナモグリ20180527
↑ニホンスナモグリ。
カニいろいろ20180527
↑カニいろいろ(オサガニ・アシハラガニ・ケフサイソガニetc)。
オキシジミ20180527
↑オキシジミ。

写真はないですが、他にもハゼの仲間色々、アナジャコなどもいました。

何度か行っている吉野川河口干潟ですが、観察会に参加すると資料がもらえたり、干潟へゴミを不法投棄している不届きな産廃業者がいる事など、参加する事で初めて得られる・知る事も多々あって、とても有意義でした。

お堰の家20180527
『ラムサールCafe』の会場になった『お堰の家』『ラムサールCafe』に関する写真はこれくらいしかない(^_^;)

シオマネキバトル(切り抜き)20180527
↑画像追加:上から三枚目のシオマネキの群れの画像をよく見たらバトル中の♂がいたので、その部分を切り抜いてみた。