2018/06/17

豊橋市内の表浜海岸で

愛知県渥美半島の先端伊良湖岬から浜名湖まで続く海岸『表浜』の愛知県豊橋市の初めて行ったポイントでの記録です。

寺沢海岸20180617
↑あまり人が写っていないけど、サーフィンや浜遊びに興じる人多数でした。

実は今日(6月17日)午前と午後二回に分けて訪問して、一回目はあまりパッとしなかったんですが、二回目は結構収穫がありました(海岸の写真は午前中の一回目に撮りました)。

で、二回目ですが、カツオノカンムリがいくつか散見されました。

カツオノカンムリ220180617

カツオノカンムリ120180617

カツオノカンムリ320180617

そしてそして、カツオノカンムリと来ればアサガオガイも!!!

アサガオガイ120180617

アサガオガイ220180617

処理後アサガオガイ120180617
↑↓帰宅後中身処理後。
処理後アサガオガイ220180617

生きたハマスナホリガニの捕獲と撮影も出来ました(撮影後解放)。

ハマスナホリガニ20180617
↑海のゲンゴロウと言われるだけあって丸っこい形。スナホリガニは昆虫ではなく甲殻類異尾下目ですが。

フジノハナガイが砂に潜る様子も撮影出来ましたが、ポツポツと数個体いただけで、大量のフジノハナガイが一斉に潜るという壮大な風景は撮れませんでした(表浜のフジノハナガイは棲息数が少ない?)。



この区域へは車を乗り入れないで下さい20180617
↑おまけ:豊橋だけでなく、静岡県湖西市の道の駅潮見坂から歩いて行ける海岸にも行きましたが、こちらはあまりパッとしなかったです。海岸にこのような看板がありましたが、書いてある内容は、まあ当然ですね。
スポンサーサイト
2017/09/02

『田原屋』のルリガイ

愛知県田原市の食堂兼民宿の『田原屋』の御主人はビーチコーマーなのは知る人ぞ知る話ですが(この時も少し触れましたが)、今日、久しぶりに(この時以来)『田原屋』に立ち寄りましたが、案内されたカウンター席の目の前には、ルリガイの瓶詰が!

田原屋のルリガイ20170902

で、当然のように?ルリガイについて訊いてみましたが(訊いた相手は奥さんで、拾った本人ではないけど)、やはり毎日のようにこの付近(伊良湖岬)の浜を歩いているからこそ拾えた…という感じです。尚、奥さんはルリガイより現金を拾ってきて欲しいようです(ん?)。

田原屋刺身定食20170902
↑↓その時いただいた白身の地魚の刺身定食。
田原屋刺身接写20170902

そしてその後は当然のように?伊良湖岬恋路ヶ浜へ。

恋路ヶ浜20170902
↑いつも波は荒めの渥美半島表浜ですが、今日は更に波が強め。

そして、浜で見つけた物の一部を紹介。

クルミ20170902
↑クルミですね。もうそんな季節なんですね。
ココヤシ20170902
↑ココヤシの実を見つけて気分は島崎藤村?
イカの甲20170902
↑イカの甲はいくつか見つけたけど、代表して一番小さかった甲の写真を。

※この記事の画像は全て2017年9月2日撮影。
2017/08/08

小松海岸を視察

『とくしま海の観察会』の定例観察会(ビーチコーミング)がいつも行われている『小松海岸』とはどんなところなのか…?と思ってちょっと視察してみた。

小松海岸20170805
↑台風接近中との事で、波はやや荒かった。普段は多分もうちょっと穏やかな海だと思われる。それでも海水浴やウィンドサーフィンなどマリンレジャーを楽しむ人達は普通に大勢いた。
砂茶碗20170805
↑ごく短時間だったけど、ビーチコーマーらしき事を…と歩き回った結果、砂茶碗が見つかったくらい。牡蠣殻とかバカガイ殻とかもあったけど、さすがにそれらは撮る気にはなれなかった。

※この記事の画像は全て2017年8月5日撮影。