Category : ビーチコーミング
前回の記事で紹介した『潜島』へと到る道は海岸なので、ここはやはりビーチコーミングもしなければ…という訳で見つけた物を一部紹介します。

神前海岸20170429
↑ここが神前海岸。観光地として有名な二見浦のちょっと南。
ハマダイコン20170429
↑ハマダイコンの花咲く季節ですね。
謎の石組み20170429
↑謎の石組み。ここの真ん中の奥に入って行くと…。
湧水20170429
↑湧水を溜めているところが。もしかして潜島の手水舎のつもりで誰かが作った?夏はここでアカテガニが脱皮している事も。
バスケットボール浮き20170429
↑バスケットボール型の浮き。
マヒトデ20170429
↑カラカラに干からびたヒトデ。形からするとマヒトデか?
バフンウニ骨20170429
↑落ちていたバフンウニの骨を集めて撮影。その後更にバフンウニの骨が見つかったが、キリがないからここまで。
エガイ20170429
↑エガイですね。
イセエビ20170429
↑イセエビの亡骸か脱皮殻。さすが伊勢市だけあってイセエビが…!と安直に思いがちだけど、イセエビくらい黒潮流れる沿岸地域だったら、そう珍しくはない。イセエビは漁業権がうるさいけど、これを持ち帰っても文句は言われまい(持ち帰ってないけど)。

他にもアカニシの殻とかバカガイの殻とかツメタガイの殻とかもあったけど、それらを載せるのは省略(アカニシ以外は撮ってもいないし)。

マムシ注意20170429
↑おまけ:神前海岸の堤防を降りて道路を挟んだ雑草が生えた場所に立っていた看板。ここの裏は神前神社がある山だけど、去年行った時はマムシの事は全く意識せずに登った(マムシとは遭遇していませんが)。今にして思うと、軽くゾッとする(^_^;)
スポンサーサイト
三重県津市河芸地区の海岸でビーチコーミングしてきました…12月25日に。記事化がずいぶん遅いけど、撮影した物の名前を調べるのが億劫で…まぁあまり時間に余裕がなかったし。

河芸の海岸1-20161225
↑↓河芸の海岸はこんなところ。
河芸の海岸2-20161225

河芸の海岸の松林20161225
↑青松と白砂の組み合わせがいかにも日本的。
堤防と貝殻20161225
↑堤防から海岸までずいぶん距離があるのに、貝殻が堤防のすぐ近くに結構たくさん落ちていた。
ガザミ1-20161225
↑↓ガザミの亡骸。
ガザミ2-20161225

マテガイ20161225
↑マテガイの貝殻は結構落ちていた。
ツメタガイ20161225
↑ツメタガイの殻は更に多かった。
バカガイ20161225
↑一番多かったのがバカガイ。
ガラス片20161225
↑『シーグラス』と呼ぶにはちょっと早いガラス片。
オゴノリ20161225
↑オゴノリ…か?寒天の原料になるやつ。何が付いているかは詳細には見なかった。付いていたとしても、どうせワレカラくらいだろうし…。
アカニシ20161225
↑アカニシだろうけど、色はかなり褪せていた。
謎のプラスチック20161225
↑黄色いマテガイ…ではなく、プラスチック製の何か。『何か』としか書きようがない…(^_^;)
正体不明20161225
↑今回一番の正体不明。エボシガイの死骸か?と思ったりもしたけど、なんだこれは?
足跡20161225
↑水かきがある鳥の足跡。一番下の画像の鳥か?違うような…?
焚火の跡20161225
↑浜焼きの跡。
焼けたツメタガイ20161225
↑ツメタガイやバカガイの殻が、なんのためらいもなく焼かれていた。

海岸からちょっと離れた場所に、田中川という川の干潟があって、そちらにも少し行ってみた。

田中川河口干潟20161225
↑奥に見えるのが、マリーナ河芸
ハマガニ甲羅20161225
↑ハマガニの甲羅“だけ”が落ちていた。しかも鮮度は結構高そう。
池と水鳥20161225
↑海岸の裏の池ではたくさんの水鳥が越冬のために来ていた(スズガモと思われる)。
この日この日、スナガニの巣孔はいっぱい見かけたものの、肝心のスナガニの姿を見かけなかったですが、ようやく砂浜を疾走するスナガニを見かけました。そして二回ほど確保出来たので、記念撮影を(撮影後は当然解放しました)。場所は9月3日と同じく三重県の国府白浜の海岸。生きたスナガニを見かけたのは、14年ぶりくらい…だと思う。

スナガニ1-20161015

スナガニ2-20161015

撮影日は2016年10月15日だったんですが、記事化がだいぶ遅くなりました。特に理由らしい理由はないんですが、なんとなくモチベーションが落ちていました。

国府白浜海岸20161015
国府白浜海岸はこんなところ。波荒くサーファーがたくさん集まる。

国府白浜の砂浜で海岸のゴミ漁りビーチコーミングで見つけたスナガニ以外の物の写真を。

色鮮やかな貝殻20161015
↑かなり色鮮やかな貝殻。形が崩れまくっていて、種の同定はもはや不可能。
ハコフグの仲間?20161015
↑ハコフグの仲間と思しき魚の遺骸。
キンセンガニ20161015
↑キンセンガニの遺骸。見つけた時は仰向けだったけど、その状態で撮ってもなんのカニか分からないので、敢えてひっくり返して撮った。スナガニ、キンセンガニ、オキナガレガニのビーチコーミングで見かけるカニ御三家のうち(そんな御三家あったっけ?)二種までこの日だけで撮れた事になる。
シギの仲間20161015
↑シギの仲間が群れで飛んでいるのを見かけて急いで撮ってみたけど、やはりこんな程度にしか写っていなかった。
シーグラス20161015
↑↓この日見つけたシーグラスはこの一個のみ。下の画像は持ち帰ってライトアップしたところ。
シーグラスライトアップ20161015

他に陶片や浣腸も落ちていたけど、見ても面白くないものなので、敢えて載せません。

話は前後しますが、国府白浜より先に、ここよりも南の志摩市甲賀(こうか)の海岸に先に行きました。そちらの写真も少々。

甲賀の青空20161015
↑この日は本当に快晴で、この時刻は雲一つ無かったです。
甲賀の海岸20161015
↑そして海も当然青い~♪
甲賀の胡桃20161015
↑今の季節は海岸にやたらクルミが落ちている気がする。
甲賀のカイメン?20161015
↑カイメンの一部?これ以外にもたくさん落ちていた。

ここでも、国府白浜でもハクセキレイを見かけましたが、飛ぶのが速すぎて、写真には撮れませんでした。
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック