Category : 水族館以外の博物館・資料館
1第1回 JAMSTEC深海生物総選挙

記事化が遅れています。

3月15日、この日はJAMSTEC地球情報館の月一回の土曜日開館日である第三土曜日。『フォト・ヨコハマ2014×JAMSTEC「深海」』を見に行ってきたんですが、『第1回 JAMSTEC深海生物総選挙 ~推しメンは、キミだ!~』なるイベントをやっていました。

2第1回 JAMSTEC深海生物総選挙

3第1回 JAMSTEC深海生物総選挙

4第1回 JAMSTEC深海生物総選挙

自分はメンダコに投票してきました。メンダコ推しです。

以下の写真はおまけ。

5第1回 JAMSTEC深海生物総選挙
↑『スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」見学ツアー』をこの日やっていて、スパコンの写真撮影OKだったので、せっかくだから撮影。
6第1回 JAMSTEC深海生物総選挙
↑毎度お馴染みの深海生物のぬいぐるみたち。地球情報館内のカフェにて。

スポンサーサイト
見て美しく、食べて美味な駿河湾深海生物の代表格(だと思う)サクラエビ。

前回の記事の写真を撮った日と同じ日に、二年前と同じく由比宿交流館で漁期限定で展示される生きたサクラエビの写真と動画を撮りに行ってみたんですが、前回以上に中層をすい~っと泳ぐエビがいなくて、殆どのエビが水槽の底で横たわりながらわたわたと脚を動かしている状態でした。

聞いた話によれば、この日のまだ前日に水槽に入れられたばかりなのに、水は濁るし、泳いでいるエビは殆どいない…という残念な状態でした。

下の画像が殆どいなかった底以外にいたサクラエビでした。

再び生きたサクラエビの写真を撮りに行ったが…
2013年9月21日、高知県室戸市の『室戸海洋深層水 アクアファーム』に初訪問しました。海洋深層水取水施設ですが、焼津尾鷲滑川と今まで行った海洋深層水取水施設より良かったです。

1『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う

2『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う

3『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う

何が良かったって、取水で吸い込まれた深海生物が生きたまま展示されているうえ、触る事も出来るというところが。

4『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑ナヌカザメ。このサメのぷにょぷにょ+鮫肌ザラザラ感の触り心地は絶妙。
5『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑コシオリエビの一種。
6『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑なぜか独房に入れられていました。
7『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑みんな大好きオオグソクムシ。
8『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑アカモンミノエビ?(多分)
9『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑コツノガニ。
10『室戸海洋深層水 アクアファーム』で深海生物と触れ合う
↑大人気のダイオウグソクムシはいなかったけど、紹介はあった。
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック