FC2ブログ
2019/04/24

高松海岸で潮干狩り

4月20日、三重県北部に残された唯一の自然海岸であるという高松海岸で潮干狩りしてきました。ここを訪れたのは、去年の下見の時以来。

高松海岸20190420

ターゲットはマテガイ。しかし2時間半くらい粘ったのに、獲れたのはたったの三個体(ひとつ逃げられたし)。あまりにもしょぼいので、この海岸に多産するハザクラガイと思しき貝とバカガイも拾ってきました。

獲物20190420

この海岸のマテガイ棲息密度は、愛知県蒲郡市の大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)よりは多いけど、和歌山市の浜の富ビーチよりは少ない印象。

※ハザクラガイ(と思しき貝)は美味でした。この海岸にやってくる人達の多くが持ち帰っているようなので、不味くはなかろう、とは思いましたが。
スポンサーサイト
2018/05/02

ラグーナビーチではマテガイは絶滅危惧種?

2018年4月30日(月)、毎度おなじみのラグーナビーチ(大塚浜海浜緑地)で貝掘りを。

ラグーナビーチ20180430
↑GW中にしては人出はそれほど多くない。

マテガイを掘りたいのは山々だけど、数年前までは『うじゃうじゃ』と形容されるほどいたのに、最近は殆どいなくなってしまった。かつては『マテガイ掘り大会』が開催されるほどいたのに…乱獲が祟ったか?

マテガイ殻20180430
↑殻は見かけるので、完全にいなくなった訳ではないのだろうけど。

そんな訳で、メインターゲットはハマグリ!でもハマグリは大量には採れないから仕方なくシオフキガイも。

最初のハマグリ(加工版)20180430
↑そう思いながら掘り始めると、5分も経たないうちにハマグリ第一号が。これは幸先いい!

で、結局この日採れたのは…

ハマグリ20180430
↑ハマグリがこれだけと
シオフキガイ20180430
↑シオフキガイがこれだけ。

シオフキガイはバカガイの近縁種。砂を含んでいる事が多いとの事で、熱湯に浸けて、口がぱかっと開いたら中味を取り出し水洗いするという方法で砂抜きをして、シオフキガイだけ先にオリーヴオイルで炒め塩で味付けして賞味してみました。

シオフキガイ炒め20180430
↑色も味も近縁種のバカガイと極めてよく似ていて、かなり美味!
カガミガイ20180430
↑おまけ画像:カガミガイの稚貝。あまりにも可愛かったので撮った。カガミガイってあまり採る気がしないけど、実はかなり美味らしい。