Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳島県吉野川…、全国でもシオマネキの棲息地の中でも個体数が多い場所として有名ですが、それ故に、ネット上では散々情報が出ていて、今更&oh一人が隠しても意味がないので、吉野川河口干潟のシオマネキとはっきり書いてしまいますが、今回、敢えて今まで行った事がないポイントを意識して探してみました。そしたら、長靴なくても観察出来そうなポイントもあって、やっぱり色々と歩き回ってみるべきだなぁ、と痛感しました(それでも長靴はあった方がいいと思うけど)。去年はそういう積極性が全く欠けていて、自分で自分に『何やっているんだか。せっかくわざわざ徳島の吉野川まで来たというのに』と言いたくなりました。

最大のシオマネキ20170805
↑今回見かけた最大級のシオマネキ♂。
スマホシオマネキ20170805
↑上の画像の個体とあと別の個体を一緒にスマホで撮った画像。シオマネキ♂の大鋏は右だったり左だったり、というのがよく分かります。
上からシオマネキ1-20170805
↑↓こうやって高い場所から見下ろすと、慌てて巣孔に逃げ込まないのがいい。
上からシオマネキ2-20170805

ヴァガボンドシオマネキ20170805
↑夏らしく、ヴァガボンド(放浪個体)もいました。
チビシオマネキ群れ20170805
↑小さめの個体が集まっているポイントがあって、ここが今回一番長時間見ていたポイント。
チビシオマネキ切り抜き20170805
↑上の矢印の個体の画像の切り抜き。チゴガニ成体とほぼ同じ大きさの極小サイズ。

↑何度も撮り直しして辛うじて鋏振りしているとわかる動画。盛夏を過ぎてしまうと撮れないし、かと言って季節が早過ぎても撮れない貴重なシーン。
吉野川ミズクラゲ20170805
↑おまけ:干潟でいくつか見たミズクラゲ。汽水域だけに、満潮の時に入り込んで来るんですねぇ。

それにしても、今回もまた♂同士のバトルシーンを撮る事は出来なかった。静かにしていると、鋏突き合わせている音だけはよく聞こえてくるけど、決定的瞬間を撮るというのは、やはり難しい…。

あと余談だけど、干潟を歩いていて、コンクリートの壁付近で、アシハラガニとフナムシが集団でゾゾゾゾゾ…と逃げていくシーンに出くわしたけど、あれ、苦手な人にとっては結構嫌なシーンかもしれない。

※この記事の画像は全て2017年8月5日撮影。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。