2015年8月1日、三重県の某海岸(詳細は書けない)で、アカテガニ放仔観察してきました。この日は『ブルームーン』の満月の翌日で大潮。天気は良好。観察の条件として申し分なし。

20150801の月
↑すいませんブレました。

日中は全くアカテガニを見かけない海岸なのに、日が暮れる頃になると、次々と姿を現すアカテガニ♀達。そして、波打ち際へと少しずつ向かい、波が来たタイミングで、身体を上下にブルブルと震わせて放仔…、と言いたいところですが、はっきりとその様子が見られたのは三回くらいで、多くのアカテガニ♀はタイミングがうまく合わず、波に呑まれて転がされていました。そのタイミングで放仔した♀も多かったのではないかと推測します。

アカテガニ♀20150801
↑直接アカテガニに光を当てずに撮影。

身体を震わせるのを見極めるだけでも大変なのに、黒い煙のようにゾエアが拡がる様子の写真撮影なんて、至難の業だな…と思わずにはいられません。生物図鑑等で何気なく見ている放仔の写真も、撮るには大変な技術が必要なんだろうな、と思いました。

そしてなによりも、子孫を残すために、アカテガニにとってはこわい海へと向かう姿は、感動的です。


↑こちらは違う場所での観察会の様子ですが、参加者の方が『感動した』と語っておられますが、その気持ちはよく分かります。リンクで見る時はこちら
アカテガニ♂20150801
↑この♂アカテガニは、観察を終えて帰る途中に、海岸から少し離れた場所で出会いました。♂は、放仔を終えた♀を捕まえて交尾するといいますが、『お前は行かなくていいの?』って感じでした。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック