真夏はビーチコーミングに不向きな季節ですが、今はもう9月。台風もやってきた事だし、そろそろビーチコーミングするか…という訳で行ってきました2016年9月3日(土)。GO!GO!ビーチコーマー!

今回ビーチコーミングするにあたって選んだ海岸は、三重県志摩市の国府白浜海岸。サーフィンに適した海岸という事で、サーファーがたくさん来ていました。サーフィンするのにいい海岸は、ビーチコーミングするにもいい海岸ですし。

その国府白浜の海岸の写真を撮ったんですが、撮影モードの選択を間違えたのか、ボケボケの画像だったので、使いません。ついでに書くと、浜にいたシギかチドリの仲間の写真もズームで撮ってみたら、鳥が全然写っていなかったので、これも没。

今回は『青い物』を見つけたいと思って行ってみましたが、青い物はやたら目につくんですが、殆どが人工物(ペットボトルの蓋など)。

スナガニの巣孔?20160903
↑↓スナガニの巣孔がやたらたくさん開いていましたが、スナガニが出入りしている気配はなし。スナガニが夜行性なのは知っています…念のため。
スナガニの巣孔?たくさん20160903

海岸で撮ったシーグラス20160903
↑青い物…と思いながら彷徨っていると、お、いい感じのシーグラス発見!しかしなぜかこの三つしか発見出来ず。
カツオノエボシ1-20160903
↑青い生き物代表のカツオノエボシ。通称(?)『青い毒餃子』。流されたてホヤホヤ(またおかしな日本語を)だったようで、餃子浮き袋がウニウニ動いていました。動き方が正直キモい。この浮き袋を、硬い海藻でつんつんしていたら、破れてしぼんでしまいました。
カツオノエボシ1の千切れた触手20160903
↑近くに千切れたカツオノエボシの触手が落ちていました。
腐ったタマネギ20160903
↑なぜか腐ったタマネギが。これとは別にもう一個落ちていました。なぜ海岸にタマネギが?こんな時妄想力想像力を働かせるのも、ビーチコーマーの遊びの一つ。これはきっと、海岸でバーベキューしていた人の中にタマネギ嫌いがいて、海に投げ捨てたんだろう…(え??)。
ショウジンガニ20160903
↑南方系のイワガニの仲間?の脱皮殻か死骸。この画像では分かりにくけど、小ぶり(甲幅3㌢㍍くらい)。最初は脚の長さからショウジンガニかと思ったけど、色や脚に棘がないところが明らかに違う。オキナガレガニを見つけたくて、転がっていた流木を片っ端から爪先で転がしてみたけど、発見出来ず。
カツオノエボシ2-1-20160903
↑↓第二のカツオノエボシ発見。こちらも流されたてホヤホヤだったようで、浮き袋がウニウニしていました。
カツオノエボシ2-2-20160903

カルエボシ20160903
↑その第二のカツオノエボシの近くにカルエボシが。こちらも鮮度が良かったようで、殻の中の軟体が動いていました。
カツオノエボシとカルエボシ20160903
↑暫くすると、打ち寄せる波で、第二のカツオノエボシが、カルエボシのすぐ近くまで流されてきました。それで撮ったツーショット。
カツオノエボシ3-20160903
↑第三のカツオノエボシ。こちらは浮き袋が大豆くらいのミニサイズ。それにしても、結構カツオノエボシがいたけど、サーファーが接触事故起こしたりしてないのか?確率は低そうではあるけど、これだけ短時間(一時間以内)に三個体も見つけると…ねぇ。
光透過中シーグラス20160903
↑↓シーグラスは持ち帰りました。水で洗ってから撮影。濡れている方が美しく見えますね。
家で撮ったシーグラス20160903
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック