上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月5日、徳島市のマリンホールとくしま県民プラザ2階(沖洲ターミナル2階)で行われた吉野川のシオマネキに関する講演(講師:大田直友氏(阿南工業高等専門学校准教授))を聴いてきました。

マリンホール20170305

まず最初に、世界初?の『シオマネキ検定』が行われました。

①シオマネキの仲間は世界で何種類?
1.50種 2.100種 3.150種 4.4200種(正解は2)

②日本本土(沖縄・奄美以外)では何種類のシオマネキが常にみられるか?
1.2種 2.4種 3.6種 4.8種(正解は1)

③シオマネキは英語で『fiddler crab』。fiddlerの意味は?
1.餅つき 2.処刑 3.ヴァイオリン奏者 4.お辞儀(正解は3)

④九州・佐賀ではシオマネキを使った郷土料理がある。どうやって食べている?
1.カニコロッケ 2.味噌汁 3.塩辛 4.カニフライ(正解は3)

⑤シオマネキのオスは大きなハサミを持つが、右利き・左利きのどちらが多い?
1.右 2.左 3.同じ 4.場所によって違う(正解は3)

⑥シオマネキのエサは何?
1.泥中のデンプン 2.水中のプランクトン 3.泥中の植物プランクトン 4.小型の動物(正解は3)

⑦右のイラストはシオマネキの子供の頃。呼び名は?
1.メガロパ 2.ノープリウス 3.ゾエア 4.トロコフォア(正解は3)

ゾエアイラスト20170307
↑⑦の問題のイラスト。

⑧もしも、大人オスの大きなハサミがちぎれたらどうなる?
1.全く同じ形のハサミが生える 2.挟む力の弱い張りぼてのハサミが生える 3.さらに大きくなったハサミが生える 4.直ちに死んでしまう(正解は2)

⑨オスは『ウェービング』と呼ばれるダンスをするが、何のため?
1.縄張りを守るため 2.自分の強さを見せびらかすため 3.運動不足を解消するため 4.メスに求愛するため(正解は4)

⑩オスのハサミはなぜ大きくなった?
1.ハサミにたくさん栄養を貯えられるから 2.ウェービングのしすぎ 3.メスにモテたから 4.カッコいいから(正解は3)


&ohは9問正解でした。出来なかったのは『①シオマネキの仲間(Uca属)は世界で何種類?』でした。2か3かどっちかだと思ったんですが、分からなかったので3と解答したら2でした。

講演で印象に残った話を少し書いておきます。

⑴シオマネキ♂の大きなハサミは、最近の研究によれば、ラジエーター(放熱器)の役割も果たしている事が分かった。

⑵吉野川と那賀川でシオマネキの調査をしていて、吉野川では秋に鮮やかな青のシオマネキの稚ガニとされる小さなカニが見つかるのに、那賀川では全く見つからない。もしかしたらあの鮮やかな青い稚ガニはシオマネキではなく、死滅回遊魚のように冬を越せず死んでしまう別の種類のカニの稚ガニかもしれない、との事。

シオマネキ稚ガニ?
↑シオマネキの稚ガニとされているカニ(画像借りました)。

⑶シオマネキは基本南方系の生き物なので、冬に雪が多い年などは、稚ガニの生存率が低くなって、結果夏干潟で見られる成ガニの数にも影響する。そしてここ最近、吉野川河口干潟での成ガニの数は右肩下がりだが、稚ガニ(但し上記のようにシオマネキの稚ガニなのかやや怪しい)の数は増減を繰り返している。

また何か思い出したら追記するかもしれません。

やはりプロの研究者の方の話は参考になるし、ほー、と驚かされる話もあったりで、有意義なひと時でした。

で、早速追記なんですが…

⑷シオマネキの英名が『fiddler crab』は知っていましたが、あの大きい方のハサミをヴァイオリンに見立てて、小さい方のハサミで泥を掬っては口に運ぶ動作を繰り返す姿が、ヴァイオリンの弓を動かしている動作に見立てている、というのは初めて知りました。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。