2017/04/15

ラグーナビーチでハマグリとシオフキガイを

今年も潮干狩りの季節がやって参りました。

行ってきたのは去年同様愛知県蒲郡市のラグーナビーチ(大塚海浜緑地)

ラグーナビーチ20170415

マテガイ掘りたかったが、ここの海岸、近年マテガイが激減しているそうで、今回は0。数年前は、『マテガイ掘り大会』が開催されるほどいたのに…。

で、代わりに掘ったのが、ハマグリとシオフキガイ。

本日の漁課20170415

ハマグリとシオフキガイを見分けるポイントはこちら。

比較ハマグリ20170415

比較バカガイ20170415

少しだけビーチコーミングも。

アカクラゲ20170415
↑この海岸にはアカクラゲが非常に多い。外国人(中国人?)に『これなに?』と訊かれて、『毒があるから触らない方がいい』と言ったけど、ちゃんと伝わったかは不明。
モクズガニ20170415
↑なぜかモクズガニ♀が。『なぜか』と書いたけど、、モクズガニは上流~海まであらゆる水域にいるし、日本全国どこにでもいるので、ある意味不自然ではないが…。死んでいるかと思ったらまだ生きていた。写真は発見した状態ではなく、少し移動させて波で被っていた砂を落とした状態。
スポンサーサイト