12月10日、沼津港深海水族館オープンの日、行ってきました。着いた時、開館記念式典が終わる頃で、ぎりぎりで中に入れないタイミングでした。そして入館まで1時間10分くらい並ぶ事になりました。失礼ながら沼津というそれほど大きくない町の、深海生物をフィーチャリングするというあまり普通の人向けでない水族館でも開館の日は結構並ぶものなんだなぁ、と思わされました。

1沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑テープカットの瞬間から30秒後くらい。
2沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑並ばされております。
3沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑途中、水族館の壁にシーラカンスのぬいぐるみ?が。
4沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑ようやく入口を入って頭上を見上げると、切符売り場の頭上にはリュウグウノツカイの模型が。

入館すると、いきなりダイオオグソクムシがたくさんいるではありませんか。フラッシュ撮影禁止なので、こんな暗い写真になってしまいましたが。この生き物、やはり結構インパクトがあるようで、大勢いたこの日の来館者の中でも初めて見た、という人が多かったと思われます(リアクション見ていてそう思わされた)。

5沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑駿河湾にはいませんが…カタイ事言うなって?

さて、一番の目当てはメンダコでした。なにしろ展示が今月いっぱいの期間限定のうえ、もしその前に死んでしまったら見られない、という訳で慌てて見に行ったんですが(飼育実績自体が乏しいから、どうやれば長生きさせられるか技術が確立していないんでしょう)水槽は暗いし(赤い光でもいいから照らして欲しかった)水底でじっとしていて、あのふわりふわりとした泳ぎは見られませんでした。耳状のヒレを動かすところが見られただけでも良かったと思うべきなのでしょう。

6沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑暗くて分かり難いですがメンダコです。

他、撮った諸々の生き物です。

7沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑オオコシオリエビ。暗いけどフラッシュが使えないのがつらいところ。
8沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑個人的には毎度おなじみのイガグリガニ。
9沼津港深海水族館でメンダコを撮ったが…
↑サクラエビ。駿河湾の代表的な深海生物だけど、これも長期飼育が難しいから、ここ同様展示期間は短いと思われます。
[広告] VPS
↑動画ヴァージョン。

かなり個人趣味に絞った紹介でしたが、今回はこのくらいで…。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック