FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/06/09

アオサギが城山のアカテガニを滅ぼす?

写真を撮ってから二週間も放置してしまった(撮影日は2018年5月26日)。

徳島県徳島市のJR徳島駅裏にある徳島中央公園。ここは県庁所在地の市にある県下最大のターミナル駅から徒歩で行ける距離でありながら、アカテガニが多数棲息するという珍しい場所ですが、それを可能にしているのは、放仔が出来る汽水の川(助任川)がすぐ近くを流れていて、成体のカニが暮らすのに欠かせない木々が生い茂った山(城山)と脱皮に必要な水源(公園内にある小川)とアカテガニが暮らすのに必要な環境が揃っているからこそですが、最近、城山にアオサギがコロニーを作るようになり、木々が大量に枯れているそうです(徳島新聞記事)。

知ったのは最近ではないし、アオサギのコロニーも見た事はありましたが、アカテガニが活動する季節に改めて行ってみると…臭う。アオサギの糞の臭いか、アオサギが捨てた食べかけの獲物が腐った臭いかあるいはそれらが混ざった臭いかとにかく臭う。そしてアオサギの鳴き声がかなり聞こえてくる。コロニーの写真を撮った後、日没後に改めて来てみてもやはり鳴き声は聞こえていました。

近隣住民の声として、阿部珈琲館の方にアオサギについて伺ってみると、『臭いしうるさいから行政に訴えているけど、行政としてもどうにもならないと言っている』との事でした。

南方熊楠が頑張って天然記念物に指定された和歌山県田辺市の神島(かしま)では一時カワウが大量に棲み着いて、糞害によって神島の森の木々が大量に枯れるという事態が発生したそうですが、そちらは爆音機を使ってカワウを追い払ったそうですが、無人島でしかも無許可上陸禁止の神島と違ってこちらは近隣に人が住んでいるので、爆音機も使えないしなぁ…。

アオサギコロニー20180526
↑アオサギのコロニーをズーム撮影。
城山の海蝕痕20180526
↑アオサギのコロニーはこの看板のある辺りから撮りました。
アオサギに食べられた?ザリガニ20180526
↑アオサギに食いちぎられた?ザリガニの亡骸。美しい物ではないので一応モザイクかけました。
餌?20180526
↑もしかして誰かがアオサギに餌を与えている?!17:33:30に撮影した時はこのように餌がありましたが…
餌が無くなった岩20180526
↑20:44:26にはもう無くなっていました。カラスがこの餌を咥えて飛んでいくのを目撃しましたが、全てカラスが食べたという訳ではあるまい。もし誰かが故意にアオサギに餌を与えているとしたら、そりゃアオサギが増える(殖える)わな。
アカテガニ脱皮殻20180526
↑公園内の小川で見かけたアカテガニの脱皮殻。これ以外にもいくつか見かけました。
踏みつぶされた?アカテガニ20180526
↑これは…故意に踏みつぶされたアカテガニ?美しくはないのでモザイクかけました。
ホルトノキ20180526
↑小川の近くのホルトノキ。この公園内のホルトノキは枯死している木多数らしいけど、アオサギのコロニーの近くにはホルトノキはあまりないらしい。

日没後、改めて生きたアカテガニを探すべく公園を再訪すると、小川の近くで幾らか見られました。上三枚(一枚目と二枚目は同一個体だけど)の画像のカニはかなり大きくて立派でした。まだ放仔シーズンには早いので、2016年7月訪問した時のように助任川近くの遊歩道では見られませんでした。

アカテガニ1-120180526

アカテガニ1-220180526

アカテガニ220180526
↑画像上三枚、かなり大物の個体がいました。一番上の画像のカニと二番目は同一個体…だったと思う。
アカテガニ320180526
↑思っていたよりピントが合っていなかった…。これは♀?(確認していない)
地上を歩いて移動するザリガニ20180526
↑アカテガニを探している最中、地上を歩いて移動するアメリカザリガニに出会ってちょっとびっくり。日没後に来るとやはり日中には見られない生物の行動が見られるのだなぁ、と感心。

アオサギの糞害によって城山が禿山になるほど木々が枯れて、アカテガニが滅ぼされるという事態がすぐに起きないとは思うけど、一抹の不安は感じます。徳島県ではアカテガニが準絶滅危惧種に指定されているそうですし。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。