FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/06/10

『シオマネキラリー2018』に参加

前の記事の翌日(2018年5月27日)撮影なので、やはり二週間放置してしまいました。

20年近い歴史を持つ徳島県徳島市の吉野川河口干潟で行われる観察会『シオマネキラリー(2018)』に初めて参加しました。同じ日の午後に『ラムサールCafe』という『とくしま自然観察の会』の井口利枝子さんによるラムサール条約吉野川河口干潟登録に関するお話があるとの事で、両方セットで参加しました。

トビハゼ幟20180527
↑↓干潟のこの地点にトビハゼとシオマネキがいるの目印。
シオマネキ幟20180527
↑後方に見える自転車のタイヤのような物は、この辺りに不法投棄する産廃業者によるものだという。不法投棄って取り締まれないのかね?
シオマネキ群れ20180527
↑その目印辺りから見たシオマネキの群れ。去年観察したポイントと同じ場所。
シオマネキ落ちていた鋏20180527
↑干潟に落ちていたシオマネキ♂の大鋏。闘争で折れた?
サンプルシオマネキ20180527
↑シオマネキを見た事ない人にも確実に見せられるように確保されていた個体。

暫くこの辺りでシオマネキやチゴガニを観察した後、最河口部の住吉干潟へ移動しました。

住吉干潟20180527

スコップや熊手で集めた泥をザルで濾したり手づかみなどをして干潟の生き物を捕らえて種類別に集めて、その後井口さんが生き物について解説をしました。

ニホンスナモグリ20180527
↑ニホンスナモグリ。
カニいろいろ20180527
↑カニいろいろ(オサガニ・アシハラガニ・ケフサイソガニetc)。
オキシジミ20180527
↑オキシジミ。

写真はないですが、他にもハゼの仲間色々、アナジャコなどもいました。

何度か行っている吉野川河口干潟ですが、観察会に参加すると資料がもらえたり、干潟へゴミを不法投棄している不届きな産廃業者がいる事など、参加する事で初めて得られる・知る事も多々あって、とても有意義でした。

お堰の家20180527
『ラムサールCafe』の会場になった『お堰の家』『ラムサールCafe』に関する写真はこれくらいしかない(^_^;)

シオマネキバトル(切り抜き)20180527
↑画像追加:上から三枚目のシオマネキの群れの画像をよく見たらバトル中の♂がいたので、その部分を切り抜いてみた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。