FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/08/28

吉野川河口干潟で『青ガニ』観察会

2018年8月26日、『とくしま自然観察の会』主催のシオマネキの稚ガニとされる眼柄が黄色く甲や脚が青い通称『青ガニ』の観察会に参加しました。この『青ガニ』は8月下旬から9月上旬のごく限られた期間にしか見られないとの事で、&ohも実物は一度も見た事がなかったんですが、それ故に自力で探すより講師がいる観察会の方が見つけ易いだろう…と思って参加して参りました。

観察会のほんの数日前、台風が徳島を通過し、観察会当日こそ天気は良好でしたが(それゆえ暑かった(^_^;))、干潟のゴミの量が凄かったです。自分はこんな状態の吉野川河口干潟は初めて見たけど、台風一過後はいつもこんな感じらしいです。

台風一過の吉野川河口干潟20180826
↑とにかくゴミだらけ!

『青ガニ』は極小ゆえに見つけられない参加者もいるかも…という事であらかじめ捕獲された青ガニが観察できるようにしてあり、そこにいた青ガニを撮影してみましたが、あまりにも極小ゆえに上手く写っていませんでした。

捕獲済シオマネキ20180826
↑この中に一尾だけ『青ガニ』がいたんですが…。

観察会が始まると、この日の講師・幸田青滋さんの誘導で青ガニが観察できるポイントへ移動。

青ガニ観察エリア20180826
↑手前の草叢の土手を下ると、コンクリート護岸へたどり着き、そこから芦原の中で青ガニを探しました。

青ガニは極小サイズなので見つけられるのか?と思っていましたが、意外とあっさり見つかりました。はっきり数えていませんが、10個体くらいは確認出来たと思います。しかし撮影は難しい!大きなシオマネキと同じくカメラを近付け過ぎると隠れてしまう。そこでちょっと離れた場所から撮影して、写り込んでいればいいな…作戦にしてみたら、上手い具合に写り込んでいました。

青ガニ元画像20180826

青ガニ20180826
↑とにかく驚くほど青と黄色が鮮やか!

最後には参加記念グッズのキーホルダーもいただけて(しかも二種類!)充実していて満足感高い楽しい観察会になりました。

参加記念キーホルダー120180826
↑↓参加記念グッズのキーホルダー。両面に写真があります。
参加記念キーホルダー220180826

※フィールドでの撮影日:2018年8月26日。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。