上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富山に行くなら春が一番いい。なぜならばホタルイカ漁が行われているから。新鮮なホタルイカが食べられるから?それもあるけど、ほたるいかミュージアム魚津水族館で生きたホタルイカが展示され、発光の様子を観察出来るから。そう、こいつも多くの深海生物同様長期飼育が難しいから、採集(漁獲)出来る季節にしか生きた姿を見られない。

ちなみに去る4月28日、富山県滑川市で『ホタルイカ祭り』なるイベントをやっていたらしいが、知ってはいたけど行かなかった。

さて、今回オオグチボヤは見られなかったものの、ホタルイカは見られました。

1魚津水族館で見たホタルイカ

2魚津水族館で見たホタルイカ
↑特別展示室はこのように暗幕で仕切られていました。

久しぶりに生きたホタルイカが見られるとわくわくしつつ中に入ると…

3魚津水族館で見たホタルイカ

4魚津水族館で見たホタルイカ

いました

しかしなんかぐったりとしたイカが多い。恐らくここに入れられて数日経っているのでしょう。ちなみに生きたホタルイカを見るのは今回初めてじゃなくて、2年前にも見ています。

スポットライトが当たっていますが、このライトは前後左右任意で動かせます。

そしてそして、スイッチを押すと水流が起きて、ホタルイカを刺激して発光させられる(絶対発光するとは言えないけど)水槽が隣にあって(上の画像の水槽は展示のみ)、さあ光っていただきましょう!…の結果

ホタルイカの光1

ホタルイカの光2

光ってはくれたけど、弱い光だからあまりはっきり写っていません。何度か撮って辛うじて光っているのが分かる写真がこれだけでした。画像は脚の先端が光っている様子ですが、上のポスターの画像みたいにイカの形に光っている様子も見られました。写真には撮ってみたものの、光が弱くて写真で確認は出来ませんでした。

5魚津水族館で見たホタルイカ
↑発光観察用水槽のホタルイカをデジカメのLEDランプで照らして撮った。このイカ達が光ってみせてくれた訳です。

ちなみに上のスポットライト付き水槽のイカも光っている様子が見られました。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。