上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事で紹介した『越前がにミュージアム』の白いズワイガニの実物を2月9日、ようやく見に行きました。

白いズワイガニは毎年蟹漁のシーズン中にどこかの港で1~2個体くらいは発見されて、水揚げされた漁港から近い展示施設で公開されるというパターンが多いようだけど、今まで『越前がにミュージアム』で白いズワイガニが展示されたという話は聞いた事がなく、それを少し不思議に思っていたけど、ようやくその時がやってきたようです。

1『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった
↑今回も交通手段は電車(とバス)。

公開され始めた日はこの記事によれば2012年11月23日との事で、ひょっとしたらもういないかも?と少し不安でしたが、建物の外にまでアピールしていて、入館するまでもなく確認出来ました。『行く前に確認すればいいじゃないか』…という話もありますが、電話しても誰も出なかったので…。

2『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった

以前(2008年)『越前松島水族館』で展示されていた白いズワイガニは短命だったらしいので、そういう不安もあった訳ですはい。

3『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった
↑2008年『越前松島水族館』で展示された白いズワイガニ。このカニはあまり長生きしなかったらしい。

展示してある水槽に近付くと

4『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった
↑展示水槽の上に注連縄と紙垂(しで)が…^_^;

白い蛇のように縁起物扱いされていました。普通のズワイガニが『紅』、白いズワイガニが白で『紅白でめでたい』と言いたいようです。

5『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった

さて、実際の白いズワイガニの雄姿ですが…(角度や距離を変えて三枚)。

6『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった

7『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった

8『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった

9『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった
↑画像もう一枚追加(2月11日)。

越前町の漁港で水揚げされた証の黄色いタグもしっかり付いてますね。

左の爪が一本折れていますが、ここの画像を見ると(分かりにくいけど)、どうやらここに収容された当初から折れていた模様。恐らく水揚げされた時点で折れていたと思われます。

10『越前がにミュージアム』の白いズワイガニは縁起物扱いだった
↑おまけ:2011年『のとじま水族館』で展示されていた(今も展示が続いているかは不明)白いズワイガニ。あまり写真を撮るにはいい位置にいなくて、結露が写り込んでしまった。

a-annexは日本で一番白いズワイガニの写真をたくさん載せているブログです…多分

2013年2月9日『越前がにミュージアム』訪問記録、次の記事に続きます。
スポンサーサイト
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。