ホルトノキ(学名:Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus)は、ホルトノキ科の植物の一種。別名モガシ。

特徴
常緑高木であるが、古い葉は落ちる前に紅葉し、常に一部の葉が紅葉しているのが見られる。葉は倒卵形でやや鋸歯があり、ヤマモモに似ているが厚みがある。花期は7 - 8月頃。初夏に花が咲き、横に伸びた花茎に穂状に付く、個々の花は釣り鐘状で白い。

分布
本州西側、淡路島、四国、九州、沖縄、台湾、インドシナなどに分布する。本州以西の西南日本で照葉樹林の高木層構成樹として重要で、各地の社寺林の中で巨木が見られる。日本では街路樹や公園などでよく利用される。

名前の由来
「ホルト」とはポルトガルのことを意味するという説(実際はポルトガル原産ではない)。平賀源内による命名とされている。江戸時代に薬用に使われていたホルト油(オリーブ油のこと、ポルトガル油ともいう)の採れる木と誤解されたためという説。どちらにせよ誤解から名付けられたと考えられている。各地域でさまざまな呼び方がされており、モガセ、モガシ(鹿児島)、タラシ(沖縄)、マガゼ(福岡県)、チンギ(奄美大島)などがある(Wikiより)。


愛知県知多郡美浜町の阿奈志神社に愛知県の指定文化財になっているというホルトノキがあるとの事で見てきました。県下最大級のホルトノキとの事です。

阿奈志神社20170618

村社阿奈志神社20170618
↑↓この角度でしか撮れなかったです。
阿奈志神社由緒書き20170618

ホルトの樹能書き20170618

ホルトノキ全体20170618

ホルトノキ幹20170618
↑去年のセミの抜け殻?(真ん中よりやや下の右)
蝉の抜け殻20170618
↑拡大。
ホルトノキ下から上20170618

ホルトノキ紅葉20170618
↑ホルトノキは常緑樹だけど、一年中部分的に紅葉している葉がある。
ホルトノキ葉20170618
↑根元に落ちていた紅葉した葉を一枚いただきました。

境内には、『これぞ神籬!』と言いたくなるような、クスの老大木があったので、そちらも撮影。

クスノキ能書き20170618

クスノキ幹20170618

クスノキ根20170618

クスノキ下から上20170618

撮影日:2017年6月18日。
去年よりちょい遅めな矢作川河口干潟での潮干狩り。

矢作川河口干潟20170611

獲れたヤマトシジミは去年よりやや少なめだが、一粒辺りの大きさは去年よりやや大きめ。ソトオリガイが多く見られたので、少し獲ってきてみた。

獲物20170611

ソトオリガイの殻は薄めなため、掘っている時、押し潰されて殻が割れたり、水管が切れたり?したソトオリガイ多数。お詫び申し上げたいm(_ _)m

マメコブシガニ20170611
↑おまけ:去年より時期がやや遅かったせいか、マメコブシガニがたくさん見られた。
和歌山県和歌山市の『浜の宮海水浴』ではマテガイがたくさん獲れるという情報を得て、行ってみました。マテガイ掘りはこの時以来久しぶりです。

浜の宮海水浴場20170527

前回の記事と同じ日に行ったので、あちらも干潮の時間にしか出来ない事なので、結果、あちらと時間を二分する事になり、時間が結構限られました。実際掘っている途中で潮が満ちてきて半強制的に切り上げ…という感じでした。

マテガイ20170527
↑今回の漁課。やや小ぶりの個体が多かったです。

ところでマテガイ獲りと言えば、巣孔を見つけて塩と水を流し込んで、にゅっと出てきたところをキャッチ!…ですが、あまり強く掴むと、マテガイの殻が割れてしまったり、引き抜こうとする最中、途中で折れてしまったり??と、無傷で獲るのが結構難しいです。これは熟練を要する。マテガイ獲りの道は奥が深い…そう思わずにはいられません。途中から、にゅっと出てきたら周りの砂ごとスコップで掘る作戦に変えてみましたが、それでも無傷では済まない事もありました。
デジタルクロック
プロフィール

&oh

Author:&oh
HNは&=and+oh=andoh=あんどうです。このブログはいわゆる裏ブログです(表ブログはアメブロにあります)。そして備忘録でもあります。現在『訪問履歴は残さない』に設定しています。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
アナログクロック