2018/06/09

アオサギが城山のアカテガニを滅ぼす?

写真を撮ってから二週間も放置してしまった(撮影日は2018年5月26日)。

徳島県徳島市のJR徳島駅裏にある徳島中央公園。ここは県庁所在地の市にある県下最大のターミナル駅から徒歩で行ける距離でありながら、アカテガニが多数棲息するという珍しい場所ですが、それを可能にしているのは、放仔が出来る汽水の川(助任川)がすぐ近くを流れていて、成体のカニが暮らすのに欠かせない木々が生い茂った山(城山)と脱皮に必要な水源(公園内にある小川)とアカテガニが暮らすのに必要な環境が揃っているからこそですが、最近、城山にアオサギがコロニーを作るようになり、木々が大量に枯れているそうです(徳島新聞記事)。

知ったのは最近ではないし、アオサギのコロニーも見た事はありましたが、アカテガニが活動する季節に改めて行ってみると…臭う。アオサギの糞の臭いか、アオサギが捨てた食べかけの獲物が腐った臭いかあるいはそれらが混ざった臭いかとにかく臭う。そしてアオサギの鳴き声がかなり聞こえてくる。コロニーの写真を撮った後、日没後に改めて来てみてもやはり鳴き声は聞こえていました。

近隣住民の声として、阿部珈琲館の方にアオサギについて伺ってみると、『臭いしうるさいから行政に訴えているけど、行政としてもどうにもならないと言っている』との事でした。

南方熊楠が頑張って天然記念物に指定された和歌山県田辺市の神島(かしま)では一時カワウが大量に棲み着いて、糞害によって神島の森の木々が大量に枯れるという事態が発生したそうですが、そちらは爆音機を使ってカワウを追い払ったそうですが、無人島でしかも無許可上陸禁止の神島と違ってこちらは近隣に人が住んでいるので、爆音機も使えないしなぁ…。

アオサギコロニー20180526
↑アオサギのコロニーをズーム撮影。
城山の海蝕痕20180526
↑アオサギのコロニーはこの看板のある辺りから撮りました。
アオサギに食べられた?ザリガニ20180526
↑アオサギに食いちぎられた?ザリガニの亡骸。美しい物ではないので一応モザイクかけました。
餌?20180526
↑もしかして誰かがアオサギに餌を与えている?!17:33:30に撮影した時はこのように餌がありましたが…
餌が無くなった岩20180526
↑20:44:26にはもう無くなっていました。カラスがこの餌を咥えて飛んでいくのを目撃しましたが、全てカラスが食べたという訳ではあるまい。もし誰かが故意にアオサギに餌を与えているとしたら、そりゃアオサギが増える(殖える)わな。
アカテガニ脱皮殻20180526
↑公園内の小川で見かけたアカテガニの脱皮殻。これ以外にもいくつか見かけました。
踏みつぶされた?アカテガニ20180526
↑これは…故意に踏みつぶされたアカテガニ?美しくはないのでモザイクかけました。
ホルトノキ20180526
↑小川の近くのホルトノキ。この公園内のホルトノキは枯死している木多数らしいけど、アオサギのコロニーの近くにはホルトノキはあまりないらしい。

日没後、改めて生きたアカテガニを探すべく公園を再訪すると、小川の近くで幾らか見られました。上三枚(一枚目と二枚目は同一個体だけど)の画像のカニはかなり大きくて立派でした。まだ放仔シーズンには早いので、2016年7月訪問した時のように助任川近くの遊歩道では見られませんでした。

アカテガニ1-120180526

アカテガニ1-220180526

アカテガニ220180526
↑画像上三枚、かなり大物の個体がいました。一番上の画像のカニと二番目は同一個体…だったと思う。
アカテガニ320180526
↑思っていたよりピントが合っていなかった…。これは♀?(確認していない)
地上を歩いて移動するザリガニ20180526
↑アカテガニを探している最中、地上を歩いて移動するアメリカザリガニに出会ってちょっとびっくり。日没後に来るとやはり日中には見られない生物の行動が見られるのだなぁ、と感心。

アオサギの糞害によって城山が禿山になるほど木々が枯れて、アカテガニが滅ぼされるという事態がすぐに起きないとは思うけど、一抹の不安は感じます。徳島県ではアカテガニが準絶滅危惧種に指定されているそうですし。
2018/05/13

愛知で育てる💛コアジサシ

本日名古屋市野鳥観察館でコアジサシのデコイのための募金をしてきました。

コアジサシのデコイ色塗イベントはもう終了しているんですが(その時の様子を伝える観察館公式ブログの記事)、募金は引き続き行っています。

コアジサシデコイ20180513
野鳥観察館に展示してあったデコイ。

そしてデコイの下に敷いてある文書を書き起こしてみました(以下の青色文字)。

コアジサシの営巣誘致募金を行います
調査研究部 野澤 徹也


愛知県ではコアジサシの繁殖が近年激減しています。そのため3年前よりコアジサシの営巣誘致をするためのデコイを量産する計画を練っていました。しかし量産するために必要となる金型を作成する費用がネックになり思うように進んでいませんでした。

ところが昨年10月に日野自動車グリーンファンドより『コアジサシの繁殖地を創世しよう』をテーマに助成金を授与して戴くことができました。これにより一気にコアジサシ営巣地誘致活動に弾みが付き、現在デコイの金型を作成しております。しかしながら、助成金だけでは費用が賄いきれないためコアジサシ営巣誘致のための募金活動を行う事になりました。

1.デコイについて
これまでコアジサシのデコイは木を削って作る、或いは紙粘土などで作られることが多かったのですが木から削り出す手間がかかり、紙粘土は耐用性に難があるなど問題がありました。そのため樹脂製で量産性と耐用性に優れ、必要な数が短期間で作れるような体制を確立する事を目指していましたが、今回の助成金で目処が立ちました。初期投資で金型を作成すればデコイを同一形状、同一品質1個あたり数百円程度で作ることが出来ます。また、デコイの材料は環境にやさしい木質入りプラスチックで、後に一般ゴミとして焼却可能となっています。

いずれ、全国のコアジサシ保全活動をしている方々のために安価で提供し、有効に使って貰えるようにしたいと思っています。

2.コアジサシ募金について
募金は1口500円で1口につきコアジサシの缶バッジを差し上げます。バッジの図柄はこの主旨に賛同していただいたフィールドアート社谷口高司氏から無償で提供していただきました。図柄はヒナと親子、飛翔するコアジサシの2種類があります。特に後者は今回のために描き下ろしてくださいました。谷口さんに感謝!
※谷口高司氏:日本野鳥の会の図鑑の絵を手がける等日本を代表する精密野鳥画家

○募金要領
1)1口 500円 1口につきコアジサシの缶バッジ(直径57㎜)を一つ差し上げます。
2)一人で何口でも募金できます。
3)プラス1000円でデコイ(未塗装品)を1体差し上げます。
4)第1次として缶バッジは各200個計400個を用意します。
5)バッジは現在作成中のため(註:この文章が書かれた当時)出来次第 探鳥会、HPなどでお知らせします。
6)募金は探鳥会で行います。募金と引き換えにバッチをお渡しします。プラス1000円をお支払いいただいた方には後日、探鳥会時にデコイをお渡しします。

3.デコイの着色について
デコイは成形された時点では着色はされていませんので色塗り会を開催します。
1)実施日 3月17日を予定
2)場所 未定(現在調整中)
3)定員 40名程度 募金された方を優先に定員に余裕があれば他の人にもお願いする予定です。
4)絵の具、筆など道具、材料はこちらで用意します。
5)詳細が決まり次第お知らせします。

4.問合せ この件に関しての問合せは
調査研究部 野澤 greensandpipper@gmail.com

*皆様のご理解とご協力をお願い致します*


コアジサシ缶バッジ20180513
↑これがいただいた缶バッジ。二種類ある図柄のうち、こちらの方が人気で在庫が少なく、青空をコアジサシが舞っている図柄の方は在庫がまだたくさんあるとの事。
2018/05/02

ラグーナビーチではマテガイは絶滅危惧種?

2018年4月30日(月)、毎度おなじみのラグーナビーチ(大塚浜海浜緑地)で貝掘りを。

ラグーナビーチ20180430
↑GW中にしては人出はそれほど多くない。

マテガイを掘りたいのは山々だけど、数年前までは『うじゃうじゃ』と形容されるほどいたのに、最近は殆どいなくなってしまった。かつては『マテガイ掘り大会』が開催されるほどいたのに…乱獲が祟ったか?

マテガイ殻20180430
↑殻は見かけるので、完全にいなくなった訳ではないのだろうけど。

そんな訳で、メインターゲットはハマグリ!でもハマグリは大量には採れないから仕方なくシオフキガイも。

最初のハマグリ20180430
↑そう思いながら掘り始めると、5分も経たないうちにハマグリ第一号が。これは幸先いい!

で、結局この日採れたのは…

ハマグリ20180430
↑ハマグリがこれだけと
シオフキガイ20180430
↑シオフキガイがこれだけ。

シオフキガイはバカガイの近縁種。砂を含んでいる事が多いとの事で、熱湯に浸けて、口がぱかっと開いたら中味を取り出し水洗いするという方法で砂抜きをして、シオフキガイだけ先にオリーヴオイルで炒め塩で味付けして賞味してみました。

シオフキガイ炒め20180430
↑色も味も近縁種のバカガイと極めてよく似ていて、かなり美味!
カガミガイ20180430
↑おまけ画像:カガミガイの稚貝。あまりにも可愛かったので撮った。カガミガイってあまり採る気がしないけど、実はかなり美味らしい。